BLOG

ベトナムにある外観がユニークな寺院建築9選

會慶寺(Chùa Hội Khánh)

ベトナムの仏教といえば、中国から伝わった大乗仏教ですが、
大乗仏教から派生した宗派、西から伝わった上座部仏教、チベット仏教など、
大陸であるベトナムにはさまざま形の寺院建築を見ることができます。
今回はその中でも、ユニークな外観をもった仏教寺院を紹介します。

近くへ行く機会があれば、少し足を伸ばしてのぞいてみてはいかがでしょうか。

ティエンザン省 竹林禪派寺院 | Thiền viện Trúc Lâm Chánh Giác

一見インドの遺跡のように見えるけど、ベトナム南部ティエンザン省にある仏教寺院。
Thiền phái Trúc Lâm (禪派竹林)というベトナム独自の禅宗、その中のYên Tử派の寺院。 日本の禅のイメージとは違い、インドの大乗仏教のようです。。
創建2012年、とかなり新しい寺院です。

MAP

ホーチミン市 仏王寺|Chùa Pháp Vương

仏王寺|Chùa Pháp Vương

仏王寺|Chùa Pháp Vương

ホーチミン市ディンビンフー通りの路地裏にある高層仏教寺院です。
遠目からみると桃型のドームが見えるので、つい最近までイスラム教の建物だと思っていました。

この桃型のドームは、イスラム教のものではなくて仏教寺院の仏舎利塔の頂上にみられる卒塔婆(ストゥーパ)でした。

ホーチミン市内の中心部は、地価も上がり大きな敷地がとれないので、至るところに高層仏教寺院があります。
徐々に寺院の高層化がすすんでいるので、街を探索しながら高層仏教寺院を見つけてみるのも面白いですね。

MAP

ティエンザン省ミトー 永長寺 | Chùa Vĩnh Tràng

一見洋風の館にみえますが、立派な仏教寺院です。
最近は、ホーチミン市から出発するメコン川ツアーの際に立ち寄ることができるようになり、行きやすくなりました。
気になる方は、メコン川ツアーのブッキング時に永長寺訪問があるか、確認してみてください。

MAP

ダラット 霊福寺|Linh Phuoc Pagoda|Chùa Ve Chai

場所はダラット、モザイクタイルで覆われた豪華な仏教寺院です。

寺院の建設は1949年に始まり、1952年に完了しました。さらに1990年に寺院を修復建て増しされています。
この寺院を訪れて、まず圧倒されるのが、外壁・内壁ほぼすべての表面をモザイクタイルで装飾されていることです。白を基調にカラフルな陶器の欠片で装飾されて、どこをみてもモザイクタイルです。ゆっくり寺を回ってディテールを楽しんでほしいです。
白いモザイクを基調にしているためか、なぜか洋風の建物にも見えます。

七重の塔は高さ37mあり、2021年9月現在ベトナムで最も高いモザイタイルの塔です。 鐘楼には高さ4.3m、重さ8,700kgの鐘が吊るされており、1999年に鋳造され、これも現在ベトナムで最も重い鐘だそうです。

個人的にはあまり好みでなかったですのですが、寺内にある高さ17Mの弥勒菩薩の像これも屋内仏像としてはベトナムで最大とのことです。

境内の敷地に横たわる龍の像は長さ49m、12000本のビール瓶を使用したそうです。
寺院の仕上げにあたっても非常に多くの陶器を使用しています。僧侶は、多くの陶器やビンを収集し掃除、研ぎ澄まし、選別し、多くの段階を経ています。美しい配色、特にピースを合わせてモザイクをカットすることは非常に困難な作業でした。モザイク装飾にあたってはフエの職人の協力得て、僧侶と尼僧は細部にまで気を配ったそうです。

MAP

ヴィンフック省 ビンソン塔|Tháp Bình Sơn

李朝時代(11世紀〜13世紀)の頃の大越は、チャンパ奴隷を召し抱え、チャンパの踊りや音楽を愛好することがありました。チャンパ王女を妻とする王もいたそうです。
ビンソン塔はその時代に、チャンパの技術者が建てたとされます。
13,200枚この煉瓦色を積上げて作られたビンソン塔はチャンパ遺跡にも見えます。壁面の優雅なレリーフにもチャンパ文化がみてとれます。

ただし、いま遺るビンソン塔は1972年に再建された塔です。
1960年代何度も洪水にあい倒壊の恐れがあったため、1969年に取り壊し、鉄骨の補強をいれて建て直されたのが今の塔です。基壇のみが当時の塔を遺しています。
元々は十三重の塔でしたが、いまの塔は十一重の塔となっています。

2016年の3月に国家遺跡として認定されました。

MAP

フンイエン省 フックラム寺院|Chùa Phúc Lâm (La Mát)

ベトナム北部フンイエン省の田園の中に建つ黄金の寺院です。
柱には龍や華を象られていて、壁面にも様々な彫刻がされています。全体的に装飾的な寺院です。
ベトナムの緑色の田園風景の中、この黄金寺院は鮮明なコントラストがあります。

動画で観る フックラム寺院

MAP

 

一柱寺|Chùa Một Cột

一柱寺

一柱寺

太い丸柱一本の上に立つ特徴的なお寺は一柱寺と呼ばれています。
ハノイ市バーディン広場周辺にある観光スポットになっています。
一柱寺が浮かぶ池は「霊沼池(リンチエウ;Linh Chiểu)」と言い、睡蓮の季節になると美しい花が足元を飾ります。

MAP

ビンズン省 チベット仏教寺院| Chùa Tây Tạng

ベトナムではめずらしいチベット仏教の寺院です。
次で紹介するホイカイン寺の近くにあるので、一緒に回るのをおすすめします。

MAP

 

ビンズン省 ホイカイン寺|會慶寺|Chùa Hội Khánh

會慶寺(Chùa Hội Khánh)

會慶寺(Chùa Hội Khánh)

屋根の上に巨大な仏様が横たわる寺院です。
この巨大な涅槃像は高さ12m長さ52mもあるそうです。
八重塔やモザイクタイルの装飾も見応えがありました。 何より人が少なくのんびりできます。

創建1741年ですが再建築を重ねいまの姿になったそうです。

MAP

筆者プロフィール:Koike Yusuke
木造建築士という建築知識をバックグラウンドに、ベトナム南部で家具のマーケティング・デザイン・商品開発をしています。ベトナム史が好きなので、ベトナム建築を古代から現代まで調べて、このブログで紹介しています。建築や家具、デザインはもちろん、ベトナム史やビジネスについて語り合える方募集しています。Twitterやインスタでお気軽にDMください。
資格:木造建築士 / カラーコーディネーター1級(商品色彩)
Twitter @yusukekoike21
Instagram @ample.style
メール:amplestyle108★gmail.com(★を@に変換)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

新着記事

当ブログについて