100年前の画像をカラーで見てみたい方へ

先日、100年前のサイゴン(現ホーチミン市1区)の空撮写真をTwitterにアップしたらプチバズった。

100年前はカメラは存在したけど、カラー写真は撮影できなかった。
白黒画像でも当時の雰囲気や建物はわかるけど、やっぱり色がついている方が現実感がある。
上の画像の感想としては、当時のサイゴンは森の中にあった、そしていまでもその建築がのこっている、というのがホーチミン市に縁がある人にとっては刺さったのだと思う。
あとは、マニアな方は人民委員会庁舎前にはCITROENのショールームがあったことに気づいたり、ほんとこの100年前のサイゴンは見ていて飽きないし、いろんな発見がある。

もともとノロドム宮殿があった場所は、いまでは統一会堂となっているが、空から見ると木に囲まれていて当時の面影がのこる。
ちなみに、サイゴンは17世紀まではクメール人が住むカンボジアの領土だった。サイゴンがカンボジア領の頃はプレノコール(森の中の街)と呼ばれ、サイゴン川と森に囲まれた小さな漁村だった。
上の画像をみると、「森の中の街」という言葉がなんともしっくりくる。

白黒写真をカラー写真でみてみたい

100年前のサイゴンのカラー写真で味をしめた筆者は、白黒写真を簡単にカラー写真にする方法はないか、検索してみた。
スマホアプリで検索すると「Colorize」というアプリが出てきたが、これは1枚カラーにするのに360円だか370円かかるらしい。レビューを読むとお怒りの方が多い。
他の方法を調べてみるとネット上でカラーライズできる「colouriseSG」というサイトを見つけた。

おそらく、人や服、空は認識していてカラー再現できるけど、建物は難しいみたい。建物はほぼ全て同じ色として再現されてしまう。

白黒画像

colouriseSGでカラー再現

下の画像は、当時のカラー写真と比べてほしい

colouriseSG白黒画像

カラー再現

実際のカラー写真

多少アングルが違うが、建物のカラー再現度は低い。まぁ、無料なので多くを求めてはいけませんね。

↓これなんかは、面白く再現できた。

仁王像が入ってきた兵士に驚いているように見える。

上にも書いたけど、人や服の色の再現性は高いので、人物画像で試してみることをおすすめします。

▶️colouriseSGを使ってみる

筆者プロフィール:Koike Yusuke / ベトナム建築探偵
本職はベトナムにある家具メーカーで働き、安くて良い椅子を作って日本の家庭へお届けする仕事をしています。2020年よりベトナム建築探偵はじめました。
資格:木造建築士 / カラーコーディネーター1級(商品色彩)
(Twitterはお気軽にフォローください!@yusukekoike21

関連記事

  1. 椅子とAIを考える【家具デザイナー撲滅計画】

  2. ウィンザーチェアα

    i-Padを使ってスケッチ感覚で3Dが描ける「uMake」

  3. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  4. Chairs

    家具デザイナーの資質とポジションニングについて

  5. カラーコーディネーター2級と1級(第二分野 商品色彩) 独学で同時合格…

  6. 「蔵王町の事務所」ファサード

    「うわーっ」という感動で満せたら・・・宇和建築設計事務所 宇都宮俊との…