2000万円の椅子はつくれるか

先日、観てたクレイジージャーニーで衝撃を受けた。

というか、クレイジージャーニーはいつも衝撃を受けるけど、今回は頭を殴られたような気がした。

www.masahirokikuno.jp

 

菊野昌宏は、日本に一人しかいない独立時計師。

彼が作る時計は、2000万円の価格がついたものもある。

 

高級時計で200万円というのは聞いたことがあるが、2000万円の時計には衝撃を受けた。

 

ああ、そうか。

 

なんで僕は

「2000万円の椅子を作ろう」

って発想がなかったのだろう。

 

もちろん、菊野氏だって2000万円の時計を作るつもりではなかったのだろう。

ただ、自分の世界観を追求していたら、その価格がついた。

 

椅子だって、世界に一つしかない椅子を作って、その世界観に共感する人がいれば、2000万円の価格がつくと思う。

 

たとえば、3億の価格がついた椅子もある。

10万20万で売れる椅子を考えるのもいいけど、2000万円の価値がつく椅子がつくれるまで、とことこ世界観を追求することこそ、アーティストやクリエイターの醍醐味だ。

クレイジージャーニーの独立時計師の回は、若かりし頃の気持ちを思い出させてくれた。

関連記事

  1. ウィンザーチェアα

    i-Padを使ってスケッチ感覚で3Dが描ける「uMake」

  2. VIFA ベトナム国際家具展示会からみるベトナム製家具の変遷

  3. 未来予測の答え合わせ コロナ禍が家具市場にあたえた影響

  4. マーケティング検定3級に3ヶ月で合格した方法

  5. 100年前のサンタクロースの服の色

  6. TOC(制約理論)は生産を上げるのだけの理論ではない